年別アーカイブ: 2018年

統計

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均: 0.00 / 5)
メンバーのみ評価できます。
Loading...
2018年
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年

 

2017年 製品動向

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均: 0.00 / 5)
メンバーのみ評価できます。
Loading...

2017年(平成29年)の医薬品を除く化学工業の生産指数は、前年からの原油安と円安に支えられて大手化学企業を中心に最高益をあげるなど好調な販売が続いており、前年度比でプラス6.4となり、103.3(2010年=100)と7年振りのプラスとなった。

新規住宅着工件数は一昨年から好調が続いていたが、下期に入って持家や貸家に前年比マイナスが続き、年間では、好調であった前年並みとなった。一方、自動車生産は昨年末から好調が続き、マイナス要因となっていた軽自動車が前年比プラス17%と大幅に増加したことにより、全体ではプラス5%となった。また、輸出は一昨年より前年比プラスが続いている。

このような状況下、当協会取扱い品目の2017年(1月~12月)における生産・輸出・輸入実績および出荷状況をみると以下の一覧表のようになっている。

2017年(平成29年) 生産・輸出・輸入実績
製品 生産
(トン)
前年比
%
輸出
(トン)
前年比
%
輸入
(トン)
前年比
%
合成染料 17,992 106 8,336 100 30,933 104
有機顔料 16,377 95 4,280 102 19,464 103
有機ゴム薬品 17,443 109 10,828 93 13,528 104
フェノール 675,554 115 60,557 84 53,928 74
無水フタル酸 162,420 102 49,846 93 30 20
無水マレイン酸 89,749 102 4,188 76 567 134

(出典:生産・出荷・・経済産業省化学工業統計、輸出・輸入・・財務省通関統計)

合成染料は好調で昨年に引き続き、生産、輸入、輸出とも前年比プラスとなった。一方、有機顔料の生産量は前年比5%のマイナスと3年連続の減少となったが、輸出、輸入は若干ながら増加した。有機ゴム薬品は、自動車生産の好調等を受けて生産量は昨年比9%のプラスとなった。また、フェノールは前年比15%プラスと大幅に増加し、無水フタル酸、無水マレイン酸も引き続き微増傾向にある。

以下、個別製品ごとの10年間の生産、輸出入の推移を図示する。

1.《 合成染料 》 

2017dye

2.《 有機顔料 》

2017pig

3.《 有機ゴム薬品 》

2017gom

4.《 フェノール 》

2017ph

5.《 無水フタル酸 》

2017phtal

6.《 無水マレイン酸 》

2017maleic