FDA承認の複合酸化物顔料(アメリカ)

アメリカの食品医薬品局 FDA (Food and Drug Administration)により、それぞれの条件下で合酸化物系顔料は、きわめて安定な構造を有し、一般的に有害性が無いか、ごく低い物質です。

しかし、昨今の環境関連物質への過熱的ともいえる不信感が、無毒性物質である複合酸化物顔料にまで誤った認識を広めつつあります。

ここでは、確実に安全性が確認されている複合酸化物顔料について、もういちど理解を深めていただくため、印刷資料を用意いたしました。
また、関連の物質について、各国の認識や、使用の現状を資料として公開いたします。

物質名 C.I. Name C.I. Number CAS Number 使用制限等
5 Chromium oxide green (参考)  C.I. Pigment Green 17 77288 68909-79-5* §177.1520
6 Iron oxide (参考) C.I. Pigment Red 101
C.I. Pigment Red 102
77491 1317-63-1 §177.1520
16 Nickel antimony titanium yellow rutile C.I. Pigment Yellow 53 77788 8007-18-9 §175.300
§178.3297
19 Chrome antimony titanium buff rutile C.I. Pigment Brown 24 77310 68186-90-3* §175.300
§178.3297
30 Cobalt aluminate C.I. Pigment Blue 28 77346 1345-16-0 §177.300
§177.380
§177.1350
§177.1460
§177.1900
36 C.I. Pigment Green 50 C.I. Pigment Green50 77377 68186-85-6* §178.3297
43 C.I. Pigment Black 28 C.I. Pigment Black 28 77428 68186-91-4* §178.3297
§176.170C

§177.1520 :
§178.3297:樹脂着色剤 最大2%まで
§175.300:Resinous and polymeric coatings(樹脂系およびポリマー系塗料)
§177.380:
§177.1350:
§177.1460:
§177.1900:
§176.170C:5%を超えない