【経産省より:情報提供】米国301条に基づく措置の除外申請プロセスの公表

2 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 52 votes, average: 3.00 out of 5 (2 投票, 平均: 3.00 / 5)
メンバーのみ評価できます。
Loading...

化成協会員各位

日頃より、化成協の活動にご理解とご協力を賜りましてありがとうございます。
経産省より、下記の通り米国301条に基づく措置の除外申請プロセスの公表について情報提供がありましたのでご連絡致します。

以下、経済産業省からの連絡文の引用:

2018年7月6日(現地時間)付で米国301条に基づく措置が発動されましたが、USTRが除外申請プロセスを公表しておりますので情報共有いたします。

https://ustr.gov/sites/default/files/enforcement/301Investigations/FRN%20exclusion%20process.pdf

<概要>

(ポイントのみであるため、ご関心がある場合等は、必ず上記URLより原典をご参照下さい)

・ 申請は109日まで。申請に対するコメント提出は申請提出後14日以内。

・ 当該コメントに対するコメントは14日経過後、7日以内。

76日から関税賦課が始まる中国からの輸入360億ドル相当が対象。

・ 除外が認められると76日まで遡求し、関税免除。免除継続期間は除外発表後1年間。

 ※USTRが除外申請への判断をいつまでに示すかについては明示されていない。

 

本件については、本年615日に米国より、中国産品1,102品目(500億ドル相当)の製品に対し、25パーセントの関税を賦課する、その際の課税対象・候補は第一段階(818品目,本年76日より徴税開始)、第二段階(284品目,6/15に新たに追加発表された候補品目(課税時期未定))と2回に分けて発動するとの旨が発表されておりましたが、今回はその第一段階分が発動されたものです。

※ご参考まで、素材産業関連品目のリストを添付ファイルにて共有いたします。

第一段階 リスト1  第二段階 リスト2

 本件は、基本的に米国に輸入される中国製品が課税対象となるものですが、関係の会員企業で中国でビジネスを展開されていらっしゃる方で、中国から米国への製品輸出において、当該米国の措置によりビジネスに大きく影響を与える等のご懸念がございましたら、素材産業課までお知らせいただければ幸いです。 

どうぞよろしくお願いいたします。

経済産業省 製造産業局 素材産業課(素材産業課直通)

TEL:03-3501-1737 FAX:03-3580-6348

(引用終了)