セミナー資料掲載(2018/2/8)「プリンタブル・フレキシブルエレクトロニクスの最新技術」

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均: 0.00 / 5)
メンバーのみ評価できます。
Loading...

本日(2月8日)、セミナー資料を掲載させていただきました!
ご利用ください。
印刷FLexエレクトロニクス最新動向

 

 

開催を延期していた東京は、2月8日開催です!
ご参加、よろしくお願いいたします。


参加受付サイト(まだ、受け付けております)
1.東京
2018年2月8日(木)
事業支援セミナー「プリンタブル・フレキシブルエレクトロニクス」東京
https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=leri-tdmds-2f30de21bd3f98bf1f7ba5b835a7a144

2.大阪
2018年1月29日(月)
事業支援セミナー「プリンタブル・フレキシブルエレクトロニクス」大阪
https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=leri-tdmdt-217fac85d99cd37b2ac94ff51170696c

 

      記
Ⅰ.演題
「プリンタブル・フレキシブルエレクトロニクスの最新技術」
講師:DKNリサーチ LLC R&D マネージングディレクター 沼倉 研史氏

Ⅱ.日時と開催地
【東京】
日時:2018年2月8日(木)13:30〜16:00
場所:化成品工業協会4F会議室

【大阪】
日時:2018年1月29日(月)13:30〜16:00
場所:大阪科学技術センター601号室

Ⅲ.内容
1.プリンタブル&フレキシブル・エレクトロニクスとは何か
1)フレキシブル・エレクトロニクスの位置付けと可能性
2)何故フレキシブル・エレクトロニクスが注目されるのか
3)プリンタブル・エレクトロニクスとの関係
2.世界のプリンタブル&フレキシブル・エレクトロニクスの最新動向
1)ディスプレイ、ライトソース、センサー、太陽電池
2)プリンタブル・エレクトロニクスとの融合
3)MEMSとの融合、アクチュエーター
4)オプティカルガイド
3.材料:選択肢が多様に
1)導体:金属箔:銅、その他
・スパッタリング材:銅、ニッケル、金、合金
・印刷ペースト:銀、銅、合金、複合材、ナノパウダー
・透明導電性材料
4.印刷プロセスの特徴と可能性
1)スクリーン印刷、インクジェット印刷、グラビア印刷等
2)長所と短所
3)プロセス能力とエンジニアリング
5.フレキシブル・エレクトロニクスの実用化
1)フレキシブル・デバイス、モジュールの設計例
2)フレキシブル・半導体デバイスの構造と製造
3)フレキシブル・オプティカル・デバイスの構造と製造
4)フレキシブル・MEMSの可能性
5)印刷フレキシブル・ディスプレイの可能性
6)他の回路技術との融合と接合技術
6.用途開発
1)携帯電子機器:タッチパネル、eペーパー
2)ディスプレイ:フレキシブル液晶、EL
3)家電、オフィス機器:メンブレンスイッチ
4)電源:フレキシブル太陽電池
5)照明:面状光源、フレキシブルEL
6)医療機器:センサー、無線デバイス、人工四肢臓器
7.総括
1)プリンタブル&フレキシブル・エレクトロニクスへの課題
・基礎技術の確立
・加工装置、材料技術、工程技術
・用途に応じた設計技術、エンジニアリングの構築
2)プリンタブル&フレキシブル・エレクトロニクスの今後の可能性
3)現実的なアプローチ

【講師沼倉 研史氏 紹介】
団塊の世代のまっただ中として、宮城県に生まれる。
宮城県仙台第一高等学校卒業。茨城大学大学院工学研究科修了。
フレキシブル基板を中心に、エレクトロニクス実装技術関連分野で25年以上活躍してきている。最近はフレキシブル・エレクトロニクスを印刷で形成する技術の開発に熱中している。
現在、米国のマサチューセッツ州でエレクトロニクス実装関連のエンジニアリング、調査会社を経営。多くの著作がある中で、フレキシブル基板に関する本は業界のバイブルと呼ばれ、中国語、韓国語、英語でも出版されている。新しいフレキシブル基板メーカーの中には、これらの本を頼りに事業を始めたという会社も多い。定期的にエッセイやコラムを日本語と英語で出しており、そのファンは世界中に広がっている。
趣味は歴史の研究で、幕末から明治初期にかけての技術移転史については学会の権威。オフィスの一部を「マサチューセッツ歴史宿」として研究者に開放している。

以上

問合せ先↓
******************************************************************
化成品工業協会 技術部            森安 宏一
E-mail:moriyasu@kaseikyo.jp
〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-44福吉坂ビル4階
TEL:03-3585-3374 FAX:03-3589-4236
http://www.kaseikyo.jp/
******************************************************************

延期とさせていただきます!

ただ今、延期を検討中です。
2月中下旬頃の開催ということで、講師と協議しております。
決まりましたら、お知らせいたします。
(1月23日10:30     担当:森安)

 中止とさせていただきます!

1月23日は、東京地方、交通機関の混乱が予想されますので、セミナーは中止とさせていただきます。
明日の朝の様子を見てからとも思ったのですが、遠方から来られる方もいらっしゃいますので、本日中に結論を出させていただきました。
東京の開催につきましては、仕切り直しとさせていただきます。
大阪の方は予定通り行います。

1月22日 16:35 担当:森安


1月23日開催予定のセミナー「プリンタブルエレクトロニクス」(於 化成品工業協会 4F会議室)の件、現時点、予定どおり開催の方向で準備を進めておりますが、何分、今後の天候が心配です。

・「中止or 開催」、「開催時刻の繰下」等につきましては、メールにて皆様に直接お知らせいたします。
・また、当会サイトの新着情報にも掲載させていただきますので、是非ともご注視の程お願い申し上げます。

・遅くとも、明日9:30までには結論を出させていただきますので、よろしくお願いいたします。


緊急の際は、大変恐縮ですが、
03 3585 3374
に直接ご連絡いただければ幸いです。

以上、よろしくお願い申し上げます。

******************************************************************
化成品工業協会 技術部            森安 宏一
E-mail:moriyasu@kaseikyo.jp
〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-44福吉坂ビル4階
TEL:03-3585-3374  FAX:03-3589-4236
http://www.kaseikyo.jp/
******************************************************************